離乳食でパプリカはいつから?おすすめのレシピと茹で時間や皮の剥き方など

投稿者: 佐藤 克 投稿日:

鮮やかな彩りとほのかな甘みと酸味が特徴的なパプリカ。ピーマンに比べて苦味が少なく離乳食に取り入れやすい野菜の一つです。

サラダやスープ、焼き料理など様々な場面で活躍できます。今回は離乳食におけるパプリカはいつから食べられるのか?おすすめのレシピと茹で時間、皮の剥き方などの下ごしらえについてまとめてみました。

これを機会にパプリカを離乳食に取り入れてみましょう。

離乳食でパプリカはいつから?

パプリカは離乳食の初期〜中期にかけて用いられることの多い野菜です。最初はペースト状になるまで刻み、薄皮を剥いて使用します。パプリカの口当たりが改善して赤ちゃんが食べやすくなるのでやっておいた方が良いでしょう。

裏ごし器を使って濾してしまう場合は、薄皮も外すことができるので不要になります。

いつまでパプリカの皮を取るのか

離乳期が終わった後もサラダやマリネにする場合は、皮を剥いた方が口当たりや味の染み込みがよくなります。

スープや炒め物にする場合は、加熱時に皮が柔らかくなるため取り除かなくても大丈夫でしょう。

食べやすくするための下ごしらえは、大抵やった方が美味しくなるので手間でなければ皮を剥いた方が良いです。

パプリカは通年で入手できる野菜

パプリカは通年で入手できる野菜です。旬は夏から秋かけて流通量が増えます。パプリカの栽培は、ハウス栽培を用いるケースが多いです。

ボイラー代が嵩む冬の時期は、価格が上昇する傾向にあり、ある程度暖かくなった時期に購入すると良いでしょう。

離乳食におけるパプリカの下ごしらえ

パプリカの皮の剥き方には様々な方法があり、代表的な方法をいくつか紹介します。

表面をガスコンロやバーナーで炙る

ガスコンロやバーナーで表面が黒くなるまで焼き、水に浸しながら皮を剥くという方法があります。直接火が出るものがある場合は、こちらの方法を使うと面倒な下処理を短縮することができます。

炭素化させてしまう方法が一番手っ取り早い手法です。

電子レンジで加熱する

パプリカを半分に割り、種をとった後シリコンスチーマーに加えて500Wで2分程度加熱しましょう。加熱後、冷水につけると薄皮が浮いてきて簡単に薄皮を剥くことができます。

ピーラー・包丁で剥く

大きめのパプリカは、ピーラーで皮を剥くことができます。縦に入れて薄く削ぎましょう。ピーラーが入りにくい部分は包丁を使うと良いです。

包丁を使う場合は、手元に気をつけて使用するようにしましょう。

パプリカの茹で時間

パプリカを茹でる場合は、大体3〜5分程度でしっかり火が通ります。シャキシャキした食感が苦手な場合は、小さくカットしてから茹でると火が通りやすくなるのでおすすめです。

パプリカの栄養価について

パプリカには、βカロテンとビタミンE、ビタミンCやカリウム、食物繊維が含まれております。色素によってある程度上下しますが、あまり気にしなくて良いです。

ミネラルを豊富に含む訳ではないため、マグロやカツオなどの赤身魚と一緒に調味液に漬け込んでマリネしたり、小松菜やほうれん草などの葉物野菜と一緒に温野菜にしても面白いと思います。

パプリカのアレルギーについて

数はそれほど多くないですが、パプリカもナス科の植物でアレルギーを引き起こす可能性があります。花粉症を引き起こす物質と似たような構造のタンパク質を含みます。

初めて食べさせる食材は、アレルギー反応に注意しながら進めてください。

パプリカを使った離乳食のレシピ

ここではパプリカを使った離乳食のレシピを紹介します。離乳食の進捗に合わせて量を調整してください。

パプリカのペースト(中期)

<材料>

  • パプリカ 20g

<作り方>

  • パプリカを半分にカットする
  • オーブンで焼き目がしっかり焼く
  • 皮を外し裏ごし器で濾す

ツナとパプリカの中華あんかけ(後期)

<材料>

  • ツナ 20g
  • パプリカ 20g
  • 青梗菜 10g
  • 中華だし 5g
  • 片栗粉 3g

<作り方>

  • パプリカを半分にカットする
  • オーブンで焼き目がしっかり焼く
  • パプリカの皮を外して青梗菜と同じぐらい刻む
  • 具材を合わせて中華だしと片栗粉を水で溶きとろみ馴染ませる

パプリカの肉詰め(完了期)

<材料>

  • パプリカ 4個
  • 赤身ひき肉 150g
  • 玉ねぎ ¼
  • パン粉 大さじ1
  • 卵黄 1個
  • 塩 少々
  • 油 少々

<作り方>

  • 玉ねぎを細かく刻み、赤身のひき肉とパン粉、と合わせてる
  • パプリカの皮を剥き半分にカット
  • 具材を詰めてフライパンで炒める

まとめ

今回は離乳食におけるパプリカについてまとめてみました。パプリカはビタミンが豊富で彩りにも使える野菜です。ピーマンに比べて苦味がなく使いやすい点も良い点です。

上手に離乳食に取り入れることで栄養満点、彩り豊かな食事を赤ちゃんと楽しみましょう。

ファーストスプーンでは、離乳食にまつわる記事をアップロードしています。気になる記事があればもう1記事ご覧いただけますと幸いです。

LINEでお問い合わせ